美しい義歯の導入

虫歯は、放置しておくとどんどん進行していきます。
金属の腐食が進んでいくのと同じで、やがてはその歯の根まで、虫歯が広がってしまうのです。
しかし歯科では、虫歯となっている部分を削ることで、進行を食い止めることができます。
削った部分には穴が開くことになりますが、そこには詰め物が入れられるので、元の歯と全く同じように使うことができるようになります。
虫歯が大きくなっていた場合には、穴ではなく歯の大部分が削られることになりますが、その場合はクラウンというかぶせ物が歯根に取り付けられます。
また、歯根も虫歯になっていた場合には抜歯がおこなわれますが、その後はインプラント治療を受けることで、人工の歯根を取り付けてもらえます。
このように歯科では、虫歯がどれほど進行していたとしても、歯を問題なく使えるような状態にしてもらうことができるのです。

また、虫歯を削った後の詰め物やかぶせ物には、金属が使われることが多いです。
いわゆる銀歯ですが、これは健康保険の適用内となっているため、治療費の支払い額が比較的少額で済むことから人気があるのです。
しかし昨今では、銀歯だと色が目立ってしまうことから、白い詰め物やかぶせ物を希望する声が増えてきました。
とはいえレジンだと、強度がそれほど高くないため割れてしまう可能性があります。
またセラミックやジルコニアだと、健康保険の適用外なので治療費は高めになります。
そのため歯科では、金属とレジンを一緒に使った治療が一般的になってきています。
大部分を金属で作り、表面のみを白いレジンにするのです。
金属にもレジンにも健康保険が適用されるので、治療費の負担は少なめで済みます。
それでいて見た目は美しく、強度もレジンのみのものより高いのです。
このように昨今の歯科では、患者の虫歯を単に治療するだけでなく、見た目を良くしたり経済的な負担を少なくするような配慮もおこなわれるようになっています。